サイトマップ
      トップ >洗車用品販売所 >洗車用品 >プロ用洗車用品

8000番 ペーパー(やすり)

2000番の耐水ペーパーより目詰まりが少なく、切削性が有ります。

意外に思われる方がいらっしゃるでしょうが、水を使用すると切れが悪いので、A2のコンパウンドを使用します。

A1・A2のコンパウンドとの相性が良く、切れ味も持続します。

固着した汚れ取りや、タッチペンの面出しに使用します。

大きさ 275_X230_

 8000番ペーパー 850円        枚     

左側8000番、右側2000番耐水ペーパー

2000番のペーパーは塗装の修正などによく使用される番手です。
8000番の方は布のような材質ですので、タッチペンの修正等ををする時に、平面性を出すのに使用するブロック(適度な柔らかさと、持ちやすい大きさがあれば消しゴムでも平気)を包んだ時の角が丸くなります。
2000番の方はペーパー・・・紙製です。
中にブロックを包み込むと、角が折れて尖がります。

この角の部分が塗装を引っかくと、傷になります。
右側が8000番にA2コンパウンドを付けて磨いて、左側が2000番に水をつけて磨いた状態です。

上の写真の拡大です。

思ったよりも8000番+A2コンパウンドは切れるでしょ?
上の状態から、ネルウエスにA2コンパウンドを付けて結構強く磨いてみました。

肉眼で光に透かして見ると、8000番の方(右)は何もしていないCDケースに比べて少し傷が多くて、白くなった感じです。

じろじろ良く見て、少し傷が多いCDケースって感じですかね。(真ん中はテープの下で磨いていない部分)

2000番の方(左)は、光に透かさなくとも「何かした?」って感じです。(>ω<)
あきらかに傷だらけですね。

サイトマップ
      トップ >洗車用品販売所 >洗車用品 >プロ用洗車用品